1. (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)
  2.   
取材依頼の件- 地域新聞社
2014/02/27 (Thu) 09:51:37
はじめまして。地域新聞社と申します。先日は絵本プレゼントにも提供いただきましてありがとうございました。

弊社では、人物を取り上げる「この人」という記事がありまして、ぜひ、取材にご協力いただけないでしょうか。

掲載は松戸版の他、他の柏や流山版などにも予定しております。よろしくお願いいたします。
Re: 取材依頼の件 - 後藤 仁
2014/02/27 (Thu) 17:39:59
 お世話になっております。ご取材のご依頼という事ですので、メールにてご連絡いたします。今後ともよろしくお願い申し上げます。 
 日本画家・絵本画家 後藤 仁
「犬になった王子」、読ませていただきました- 橘 雄三
2014/02/15 (Sat) 13:23:13
ご案内のお手紙とお葉書、ありがとうございました。ご本、早速購入し、読ませていただきました。原画展も見に行きたいのですが、何しろ遠方ですので、この方はあきらめました。ご本は、文も絵も、私のような高齢者にとっても読みごたえ、見ごたえがあり、十二分に楽しませてくれる、レベルの高い内容でした。先日、趣味の同好会の席で紹介させていただきました。ありがとうございました。
返礼 - 後藤 仁
2014/02/15 (Sat) 15:30:44
 前回、このホームページにご連絡をいただいた時、どちらの方か気が付かなかったのですが、かつて研究所で「孫文記念館」を訪れた時にお会いしました、「孫文記念館」の事務局長さんですね。前回は失礼をいたしました。
 拙作絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)をご覧いただき誠に有難うございます。
 「金唐革紙」の事についても、必要が有りましたら、直接メールか手紙等でご連絡下さいますと、ある程度まではお答えできると思います。この「掲示板」は、あくまで多くの一般のお客様やファンの為の公的コーナーですので、公表できない部分も多々あるのです。
 今後とも後藤 仁作品をよろしくお願い申し上げます。
  日本画家・絵本画家 後藤 仁
犬になった王子 チベットの民話プレゼント- 三浦
2014/01/10 (Fri) 13:24:01
 はじめまして。偶然なのですが、昨日、知り合いの方から(NPO法人子どもっとまつどの代表渡辺さん)から、こどものとも「ながいかみのむすめ チャンファメイ」をいただきました。内容も良質でとても感動的なお話でした。また、後藤さんの絵もとても素敵でした。繊細で温かみのある壮大な絵に感銘を受けました。

「犬になった王子も読みたいな」と思っていたところプレゼントを発見し、早速応募してみました。よろしくお願いします。

返礼 - 後藤 仁
2014/02/04 (Tue) 12:29:50
三浦様。1月10日の読売新聞 千葉版「後藤 仁サイン入り絵本プレゼント企画」に、ご応募いただき誠に有難うございます。今回、当選とさせていただき、絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)をお贈りします。大切に読んで頂けますと嬉しい限りです。今後とも後藤 仁作品をよろしくお願い申し上げます。
 日本画家・絵本画家 後藤 仁
移情閣金唐紙の復元についての質問にお答えいただきありがとうございました- 橘雄三
2013/09/08 (Sun) 22:37:36
早速のお返事、ありがとうございます。大変勉強になりました。特に、「金唐革紙」と「金唐紙」の違いについてよくわかりました。それから、後藤様のブログの金唐革紙製作秘話を読んではじめて、移情閣での復元作業がどのようなものであったのか理解できました。それから、さらに、お訊ねしたいこと、お願いしたいことなどたくさんあるのですが、また、改めてお願いいたします。ありがとうございました。
Re: 移情閣金唐紙の復元についての質問にお答えいただきありがとうございました - 後藤 仁
2013/09/09 (Mon) 08:33:42
 お問い合わせ有難うございます。「金唐革紙」や「日本画」「絵本制作」等、いずれも永年の積み重ねと努力・研鑽で行ってきた仕事です。中には企業秘密・個人のプライバシー等で答えられない事もあります。また、私も現在、仕事が忙しい身ですので、同じ方の立て続けのご質問には答える余裕が無い場合があります。ただ、本当に重要な内容で、世間の認識にも有用なご質問には喜んでお答えしますので、よろしくお願い申し上げます。 日本画家・絵本画家 後藤 仁
移情閣金唐紙の復元についての質問- 橘雄三
2013/09/08 (Sun) 14:39:34
わたしは、移情閣の金唐紙の復元について関心を持っている者ですが、後藤様のHPやブログを拝見し、初めて知ることがたくさんありました。お聞きしたいことがたくさんあるのですが、とりあえず、次の2点について、教えてください。
①版木棒を彫る版下を作られたのは、京都大学の若い先生と聞いているのですが名前がわかれば教えてください。
②版木棒を彫られたのは、岸本忠雄氏と聞いているのですが、間違っているのでしょうか。
よろしくお願いいたします。
Re: 移情閣金唐紙の復元についての質問 - 後藤 仁
2013/09/08 (Sun) 17:20:42
 まず、現在世間で「金唐革紙」と「金唐紙」が混同して用いられていますが、「金唐革紙(きんからかわし)」が明治時代から伝統的に使用されてきた正確な名称で、「金唐紙(きんからかみ)」という名称は、金唐革紙の復元研究所が自社製品のみに用いている新しい名称です。『移情閣』のものは研究所の製品ですが、兵庫県からのご依頼による元の壁紙の復元品ですので、「金唐革紙」を用いるのが正しいです。
 『移情閣』『入船山記念館』等では現在「金唐紙」と記載されていますが、それは専門知識をもった人がその施設にいないからで、『旧岩崎邸』『紙の博物館』等は専門学芸員の助言の元、「金唐革紙」を使用しています。

 私は現在、研究所を完全に離れていますが、それでも事業詳細は企業秘密もあり詳しくは言えない部分もありますが、「版下」は基本的に研究所で私達が描き起こして製作していました。元京都芸術大学や津田塾大学の先生なら研究所と関わりがありましたが、京都大学の若い先生という方は、私がいた約12年間で聞いたことはありません。
 「版木棒」はほとんど明治期のものを用いますが、数少ない復元版木棒(『移情閣』の版木棒を含む)は、おっしゃる通り、岸本忠雄さんという江戸欄間彫刻師の方にお願いしていました。
 以上でよろしいでしょうか。
  日本画家・絵本画家・金唐革紙保存会主宰 後藤 仁
絵本の寄贈について- 石巻市教育委員会
2013/08/15 (Thu) 15:33:26
後藤様
突然の連絡で失礼いたします。宮城県石巻市教育委員会と申します。この度、JEN様より後藤様からのお申し出があったことをお聞きしました。教育委員会内で検討させて頂いた結果、ご厚意をありがたくお受けすることとなりました。どうぞよろしくお願いいたします。本来ならばJEN様を通してご回答すべきところですが、お盆休みのためかご不在のようですので、勝手ながら直接後藤様にご連絡させていただきました。石巻市内には、市立の小学校が39校、幼稚園が5園あります。計44の幼稚園・小学校にご寄贈いただければ幸いです。詳細については、電話で再度連絡をとりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
Re: 絵本の寄贈について - 後藤 仁
2013/08/17 (Sat) 07:59:17
ご連絡誠に有難うございます。先日、絵本原画展サイン会と帰郷を終えて帰ってきた所です。誠に嬉しいお返事に対して、善処させていただきます。また後日、詳細のご連絡をいたしますので、よろしくお願い申し上げます。 日本画家・絵本画家 後藤 仁
ご訪問ありがとうございます!- 神宮淳美
2013/07/28 (Sun) 11:48:49
雑誌洪積世のacoこと神宮淳美です。
素敵な作品の数々@@、感動したしました。私は現在、前橋市内で拠点カフェを持つNPO準備団体『COAぐんま』の運営をしております。カフェは年内にギャラリー部分を作る予定です。今後ともよろしくお願いいたします。『風立ちぬ』の感想なども近々アップせねば@@と思っております。介護や病気などで更新が途絶えていたブログですが、今回のようにお目に留ったこと、本当にうれしく思います。
Re: ご訪問ありがとうございます! - 後藤 仁
2013/07/28 (Sun) 16:02:22
コメント有難うございます。絵本『犬になった王子(チベットの民話)』は11月上旬に、岩波書店から出版されます。その後、東京都心での「絵本原画展」も予定されていますので、機会がありましたら、絵本や原画をご覧下さいますと有難いです。今後とも後藤 仁作品をよろしくお願い申し上げます。
無題- 週末画家
2013/05/17 (Fri) 19:42:38
こんにちは
後藤仁先生。
この度はホームページの開設
誠におめでとうございます。
早速新作の製作に取り掛かられておられるご様子
待ち遠しい限りではございますが
季節の変わり目何卒健康には御留意され、良き作品を生み出されますこと期待申し上げます。
コメントの返礼 - 後藤 仁
2013/05/18 (Sat) 15:18:30
 どうも有難うございます。今後も当ホームページや後藤 仁公式ブログにて、作品や最新情報をご報告してまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。